右腕アウトソーシングコンサルタント 佐藤史子のプロフィール

佐藤史子(さとうふみこ)

“取り組むべき業務が後回しになる” “メンバーの育成が進まない” “組織づくりが上手くいかない”といった課題を解決する「右腕アウトソーシング」の考案者。コンサルタントとして、経営者や個人事業主の経営課題を解決する。少ない労力で安定した収益を確保することが得意。リソースに合わせた解決方法、再現性のある解決プロセスは多業種の経営者たちに支持されている。

略歴

1985年埼玉県出身。大学受験の浪人をしていた19歳の時に、精神的な追い込みにより体力が限界を超え過労で倒れる。回復に3年かかり「頑張れば報われるわけではない」と心底痛感する。人生設計を大幅に変更。結果、20代で3つの会社を経験することになる。20代で転職を重ねる中で、再び倒れるのではないかという恐怖から少ない労力で成果を出すにはどうしたらいいのか考えるようになる。株式会社コンランショップ・ジャパン(THE CONRAN SHOP)での販売員時代に行動記録、顧客記録をし始める。PDCAを上手く回すことで確実に商品が売れることに気が付く。半年するとフロアに出ると自然に30〜300万円の家具が売ることができるようになる。

経験を元に、リクルート(株式会社リクルートジョブズ)に転職する。しかし・・・神速級の業務スピードに付いていくことができず、顧客から掛かってくる電話・受け取るメールのすべてがクレームという事態に陥る。また大型連休の度に、始末書級のミスをしたことから「大型連休のオンナ」というサブネームが作られる。ハイスピード、ハードワークな世界でどうやったら少ない労力で安定して成果を出せるのか?をひたすら試行錯誤する。業務フローの可視化、重要タスクの絞り込み、現状の数値化、行動管理等を行うことで無駄なくPDCAを回せるようになる。売上達成が平常運転となる。

女性としての幸せと仕事のやりがいをどのように両立するか、どのようにキャリアを築いていくかを悩んだ末に組織を一旦離れることにする。2016年11月に独立するも、独立2ヶ月目にトラブルに巻き込まれる。商品が販売停止状態となり、5ヶ月間売上が止まる。

「右腕アウトソーシングのように、壁打ち相手になってほしい」という経営者からの依頼をきっかけに、現在の伴走型コンサルティング「右腕アウトソーシング」が誕生する。その後、口コミでクライアントが増加し、2018年には計32社41プロジェクトを担当することになる。担当できるクライアント数に限界を感じる中、とあるクライアントの死をきっかけに事業の方向性を大きく見直す。既存事業の体系化、新規事業の立ち上げを中心に、自走できる組織を増やし続けている。

セミナー実績

絶対達成ベンチャーズ
2017年8月〜2018年3月 株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ(代表取締役社長:横山信弘氏)との共同企画で実現。

名刺1枚で売上をあげるスペシャルセミナー
2017年10月 Webコンサルタント「女子トク」(編集長:三浦綾子氏)主催セミナーの講師として登壇。

共同企画セミナー
人生変えちゃう ハロウィンナイト
2017年11月 LISE株式会社(代表取締役:吉川聖弓氏)と株式会社BUN∞BUN(代表取締役:向井文馨氏)の共同企画セミナー開催、登壇。

ハフィントン・ポスト インタビュー
2017年12月 女性のキャリアについて、オンラインメディア「ハフィトンポスト」の現役スタッフへのインタビューを実施、執筆。

「再現性を高める記録の取り方」特別講義
2018年8月 株式会社BUN∞BUN(代表取締役:向井文馨氏)応援大学のプロフェッショナルコースにて、「再現性を高める記録の取り方」特別講義に登壇。

共同企画セミナー
2018年10月 株式会社BUN∞BUN(代表取締役:向井文馨氏)の企画セミナー「Happy Halloween All Win in 和歌山エピカリス」にて、ペライチ創業者(山下翔一氏)、LISE株式会社(代表取締役:吉川聖弓氏)、EPICHARIS(総支配人:高橋昌也氏)と共に、ゲスト講師として特別講義に登壇。

この記事を書いた人
佐藤 史子
右腕アウトソーシング コンサルタント

右腕アウトソーシング 代表コンサルタント。19歳で過労で倒れ回復に3年かかる。3回の転職経験、リクルートでの営業経験をもとに、伴走型コンサル「右腕アウトソーシング」を開発。経営者、個人事業主とともに組織の経営課題を解決している。